トップ 知っておきたい胃腸のコトピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌を除菌し、再び感染しないよう注意することはあるのでしょうか。感染しにくいことがあれば、日常生活にとりいれたいものです。薬を飲んだり、内視鏡での検査をすることはできれば避けたいものです。

ココアが良い

ココアの成分には、オレイン酸・リノール酸などの遊離脂肪酸が豊富な飲み物です。ココアに含まれる遊離脂肪酸は、カカオFFAと呼ばれている成分で ココアを飲むことにより、このカカオFFAが胃の中に入ります。胃に入ったカカオFFAは粘膜上のピロリ菌に攻撃をするのです。ピロリ菌はカカオFFAの攻撃により徐々に弱まっていき、胃酸に抵抗できなくなり、体外にでていきます。全てのピロリ菌を退治することは不可能ですが、除菌効果を高めるため、再び除菌しないため、リラックス効果を高めるためにココアを飲むことは、胃にも心にも良い事です。

海藻も良い

海藻特有のヌルヌルとしたものには、フコイダンという成分が多く含まれています。フコダインの特徴は硫酸基という物質が多いといわれていて、胃の粘膜を覆っている粘液物質です。海藻を食べると、フコダインが胃の粘液の役目を助け、胃粘膜を覆って刺激から保護し、胃の炎症をゆっくりと治してくれるのです。また、フコダインはピロリ菌を吸着したまま腸を通過し、便と共に排泄されます。また、フコダインは酢と一緒に摂取するとその効果を高めてくれる食品です。酢の物に入っているワカメ・モズクも、ピロリ菌を排出してくれると共に便秘にも効果があり、とても健康的な食品ですね。

日本の味、梅干しパワーは、すごいです。

梅干しには、殺菌効果があるといわれています。昔から梅干しは健康食品として、腹の病気を治す効果がある、といわれいたくらいです。この殺菌効果は、ピロリ菌にも効果があるとされるのです。梅干しに含まれる、シガレシノールという抗酸化物質は、胃の中にいるピロリ菌の動きをが止めるという実験結果が発表されています。また、梅干しをを毎食、あるいは毎朝たべている人のほとんどの胃は健康だそうです。夏場の食欲のない時でも、唾液の分泌をうながして、食欲を増進させ体力の減少を防ぎ、クエン酸により疲労回復に効果がある梅干しは、確かに健康に良い食品だと言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.