トップ 知っておきたい胃腸のコトピロリ菌の除菌について

ピロリ菌の除菌について

胃の病気は、ピロリ菌に感染すると必ず発症するわけではありません。しかし、胃の病気を発症した人の90%は、ピロリ菌の保菌者です。また、ピロリ菌の感染は家族をも巻き込む場合もあるので、除菌は必要です。

ピロリ菌の除菌方法

過剰な胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬と、2種類の抗生物質を1週間服用します。薬を正しく服用する事で、90%の人は除菌できるととされています。この段階での除菌が1次です。もし、1次でもピロリ菌が除菌できなかった場合は、2次除菌です。1次除菌とは違うプロトポンプ阻害薬と抗生物質を服用。現在では、耐性菌という除菌しにくい菌もありますが、ピロリ菌がいなくなるまで、薬を変えながら除菌していきます。胃炎・胃がんは、ピロリ菌に感染している期間が長いほど、発症しやすいと言われているので、検査・除菌を積極的に行うことが、自分自身・家族のためにも必要なことですね。

除菌が必要

胃炎や胃・十二指腸潰瘍の検査や治療のため病院に行き、ピロリ菌が見つかった場合の治療は保険適用です。予防のためのみピロリ菌感染の検査受診した場合と、負担金額は違ってきます。ピロリ菌は、一度感染してしまうと、自然に消えることはありません。胃の粘膜は、ピロリ菌が体内で存在するのに、たいへん適した場所だからだと言われています。それほど手ごわい菌です。自然に治ったと思われているのは、胃炎の治療時に偶然に抗生物質を使用し、ピロリ菌の除菌にも効果があった場合。 しかし、ピロリ菌感染が多い日本でもピロリ菌そのものから胃がんを発症するのは、ほんのわずかです。

副作用

ピロリ菌の除菌には薬を使いますが、人により合う合わないがあります。もし、使用した薬が合わなかった場合は、副作用があらわれることがあります。副作用として多くあらわれるのは、便が柔らかくなる・下痢です。下痢になる原因は、抗生物質により腸内細菌のバランスが崩れてしまうからです。また、飲食物の味覚が治療前に比べ、違う感じがしたり、味覚異常があわられる人もいます。肝臓機能の数値に変化がでたり、じんましんなどのアレルギー症状をおこす人もいます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.