トップ 知っておきたい胃腸のコト胸やけを解消する方法

胸やけを解消する方法

できれば感じたくない胸やけは、気付くとむかむかする症状を感じている事がよくあります。誰もが一度は経験する症状ですが、ここで胸やけの解消法をご紹介しましょう。

方法は?

胸やけを感じたら、コップ一杯の牛乳を飲むと良いと言われています。牛乳が無い場合は、水や唾液でも良いと言われています。その他には、横になる場合は、上半身を高くして横になります。胸やけをしている時、食事を摂らない人が多く見られますが、胃にとって一番いい方法は、消化のよい食事をしっかり取る事です。胃食道逆流症の場合は、医師の処方による胃酸を抑える薬を服用するのが効果的です。根気よく薬を服用する事によって、次第に症状は改善されますが、途中で服薬をやめてしまうと、再発の恐れがありますので、医師の指示に従って治療する事が大切です。

解消する理由は?

胸やけが起こった時の応急処置として、牛乳を飲む事が効果的ですが、牛乳を飲む事で、食道の内面に膜ができ、それが胃酸の攻撃を守ってくれます。胸やけを感じたら、すぐに体内に水分を入れ、胃酸を洗い流す事が効果的です。牛乳が無い時は、水や唾液でも可能です。唾液には胸やけを治すだけでなく、消化を助ける働きや口臭を除去する働きなど多くの効能を持っています。唾液を飲む事で、胃酸を洗い流し、原因となっている胃酸の高まりを解消します。そして、予防する事もできます。そして、上半身を高くして寝る事は、胃酸や食べ物の逆流を防ぐ事ができます。

食生活の改善

解消する方法として1番に挙げられる事は、生活習慣の改善です。暴飲暴食やアルコールの過剰摂取は避け、夜遅くの飲食やカフェインや香辛料の摂り過ぎに注意が必要です。胸やけは、ストレスが原因で起こる場合もあります。その為、ストレスを感じない生活送る事や、ストレスの発散方法を自分なりに見つけておく事は、とても大切なこ事と言えます。市販の胃腸薬の服用も効果的で、胸やけや胃痛や胃のむかつきを抑える薬や、弱っている胃の機能を高める薬などが市販されています。しかし、市販薬を服用しても症状が長引く場合は、他の病気の症状の場合もあるので、早めに医療機関を受診する事が大切です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.