トップ 知っておきたい胃腸のコト胃もたれ解消する食べ物や生活

胃もたれ解消する食べ物や生活

誰もが経験する胃もたれは、できれば感じたくない症状です。そんな胃もたれを解消するには何を食べたら良いのでしょうか。どんな生活を送ったら良いのかをご紹介します。

特徴は?

胃には食べ物と胃酸を混ぜ合わせ消化する働きがあり、胃で消化された食べ物がなかなか十二指腸へ悪り出されない状態の事を言います。消化を終えても消化物が胃の中に残る為、食後時間がたっても胃が重く感じます。食べ過ぎた時などに、消化物を送り出せないために胃の不快感が起こります。日本人の胃の形は鉤状胃(けいじょうい)といって鉤(かぎ)のように曲がった形をしています。中央部が出口より低い位置にある為、食べ物が溜まりやすい形状をしています。また瀑状胃(ばくじょうい)と言って、胃の入口が出口より下にあり、複雑な形状をしている胃もあり、日本人の10人中2〜3人に見られると言われています。

解消方法

胃もたれのタイプは食べ過ぎや飲み過ぎによるものと、胃全体が弱っている時と2種類に分かれます。胃の消化能力を超えた量をべたり、消化しにくい脂分の取り過ぎなどが食べ物が消化しきるまで胃が満杯の状態になるので胃もたれします。胃が弱っている時は、風邪や副側な生活、ストレスなどで胃の運動機能が低下して胃もたれが起こるので、症状が治まらなかったり、食欲不振が続く場合は医師の診断が必要です。解消するためには、まず胃と腸を休ませる必要があります。何も口にせず、安静にする事が大切です。食べ物が消化されると症状も自然と解消されます。なかなか良くならない場合は、市販の胃腸薬を服用します。

食材は?

気をつけるべき食事や生活は、消化の良い食事を心がける事が必要です。脂肪は消化に時間がかかるので、脂分の少ない鶏肉のささみや、牛や豚のひれ肉やもも肉。また食物繊維が豊富なかぼちゃや大根、人参やトマトなど、煮込んでやわらかくなるものが良いとされています。飲酒やコーヒーは胃に負担がかかる為、胃の調子の悪い時は避けた方が良いとされています。一度食事を摂ったら4時間は開けるようにし、しっかり胃を休める事は重要な事です。ストレスと胃の動きには密接な関係があるので、ストレスの軽減と解消をする事もとても重要な事と言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.