トップ 知っておきたい胃腸のコト胃もたれする原因

胃もたれする原因

誰もが経験した事のある胃もたれは、ストレスを溜めない事や食生活に気をつける事など生活習慣を見直す事がとても重要です。そんな胃もたれについてご紹介します。

症状とは?

胃もたれとは、胃が重く感じる症状のことを言います。大きく分けて2つのタイプがあり、1つ目は胃が張っていたりもたれているのにゲップが出やすく胃がパンパンな状態で、この状態は胃に過剰なエネルギーが集中、精神的な気持ちの負担になっている事。2つ目は、食欲が無く気力もなくなり、胃がぐったりしている状態で、これは食べ過ぎで胃が疲れている場合や、ストレスで元気がなくなっている状態の時です。ほとんどの人が経験している胃もたれですが、市販の胃腸薬などを飲んで対処している人が多いと思います。そかし、軽く考えていると同じ症状を繰り返し、慢性化する事も少なくないので注意しなければなりません。

原因は?

原因はさまざまにありますが、ほとんどの場合が食べ過ぎや飲みすぎなどが原因と言えます。他には、不規則な生活やストレスなどでも胃もたれになります。胃に負担がかかると、食欲がなくなり胃に元気がなくなった状態になります。食べ物が消化できず、胃に食べ物が長くとどまってしまう事により、胃もたれが起こります。また、胃のぜん道運動にも関係していると言われています。胃が強いと言われている人は、ぜん道運動が活発なため、消化がよく食べ物を腸に送り出す事が出来ます。胃が弱いと言われる人は、ぜん道運動の活発が弱いため、食べ物が胃に長時間溜まりやすくなり、胃もたれの原因となります。

治療法は?

胃もたれの時は、胃の運動を活発にして消化を促進させる医薬品を服用するのが効果的です、胃の症状はさまざまあるので、その症状に合った胃腸薬を上手に選んで使う事が重要と言えます。症状が重い場合や長く続く場合、腹痛や貧血、体重減少などが見られる場合などは、胃がんの恐れもあるので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。食べ過ぎやすぎなど、原因がわかっていて症状が軽い場合は胃腸薬などを服用し様子をみるようにしましょう。胃の働きが低下しいて胃もたれを起こしている場合は、胃の働きを促進する薬を、消化が進まない胃もたれの場合は、消化酵素剤を服用しましょう。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.