トップ 知っておきたい胃腸のコト胃腸を守る食事・食べ物

胃腸を守る食事・食べ物

胃腸の不快感は特に多い疾患と言えます。しかし、食べ物によって胃腸の疾患が改善される事が多くあります。胃腸を守る食べ物とはどんな食べ物なのかご紹介します

どんな特徴?

胃炎や腸炎は、症状によって食べたほうがよいものが少しずつ変わります。ストレスによる胃痛の時は、胃の血流を良くする食材を。寒さによる胃痛の時は胃を温めて痛みを止める食材を。食べすぎや胃もたれによる胃痛の時は、消化を良くする食材を。腸を守る食材は、主食はご飯(玄米など)とし、野菜や大豆製品、魚や海藻類などの和食が中心とります。現代では、日常生活の中で多くのストレスに脅かされています。したがって、胃や腸の異常が無くても、胃痛や下痢など胃腸の不快感が現れる事が良くあります。そういった中で、自分の食生活や生活習慣などを心がけて生活する事は、とても重要な事です。

どんな食品?

キャベツに含まれてるビタミンUには、消化性の潰瘍の改善を早め、胃の粘膜の保護や胃の血流を良くしたりとさまざまな効果があります。胃薬などにもビタミンUは含まれています。大根やカブには、消化酵素ジアスターゼというデンプンを分解する酵素が多く含まれています。熱を通したものではなく、生かすりおろした状態で食べると、胃もたれや食べ過ぎ、消化不良などに効果的です。リンゴには、胃を保護してくれる有機酸やペクチンが含まれており、食物繊維もあるので整腸にも効果があります。食べ過ぎや寒さによる痛み。腸の機能的化に効果的です。ショウガには、胃腸を温め消化管を活発にし、殺菌作用があります。

生活習慣の改善

日常の食・生活習慣を見直す事が、胃腸の疾患の改善に重要と言いえます。不規則な生活や不摂生を避け改善する事が、胃腸の働きに良い方法と言えます。ストレスから胃腸を守る為に、胃腸を傷つけず、やさしい食事を心がける事はとても重要な事と言えます。胃腸年齢を若く保ち、日ごろから快便を保つ事は、腸の解毒作用があり、身体にたまった毒素を便から排出します。保存料などは腸管粘膜を傷つけやすいので、食品添加物は避ける食事を心がけましょう。ビフィズス菌などの善玉菌を増やして腸内の免疫力を増やす事はとても重要な事です。睡眠を十分に取り、ストレスの解消をする事はとても重要なことです。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.