肝膿瘍

むずかしい名前の病気ですが、実は身近に潜んでます。細菌の感染などでかかるこの病気は、東南アジアなどの地域への海外渡航時にも感染し発症する病気です。この病気はどんな病気なのかご紹介します。

どんな病気?

発熱や全身のけん怠感、上腹部痛と黄疸、肝臓の腫れなどが現れ、横隔膜の近くでは胸痛や呼吸困難を起こすため、肺炎と間違われる事も。赤痢アメーバ性肝膿瘍は加えて血便や下痢が現れます。肝膿瘍は、原因となる細菌やや原虫が組織内に進入し増殖してうみがたまった袋を形成する病気です。細菌性とアメーバ性分けられていて、治療法も異なり、肝臓などの治療の後などに発症する事もあります。溜まったうみは一つだけの時もあれは多発するときもあり、赤痢アメーバ性肝膿瘍は、症状が軽い場合や、感染してから数年以上経ってる場合があります。

原因は?

原因は、細菌性と赤痢アメーバ性と二種類に分かれています。細菌性肝膿瘍(または、化膿性肝膿瘍)は、細菌の感染が原因で、主に大腸菌の感染が多く見られます。腸内の細菌が段重が十二指腸から肝臓へと逆に向かい胆道に感染する場合と、虫垂炎などの腹腔内感染で細菌が肝内に到達し、胆膿瘍を作る場合と、周囲の臓器が炎症を起こし肝膿瘍を作る場合、肝臓の損傷に感染を起こす場合とがんなどの治療後に発症する場合があります。感染経路が不明なものも多く見られます。赤痢アメーバ性肝膿瘍は、赤痢アメーバを経口感染で発症し。海外へ渡航する人に多く認められていました。現在では減少し、男性の同性愛者間に感染が増加している傾向があります。

海外渡航時には注意を

血液検査で、細菌感染にともなう白血球の増加や肝機能障害にともなう血中濃度を確認します。膿汁(のうじゅう)やけ血液の培養で原因菌を検索します。抗生物質を使用し、細いく管を膿瘍部に挿入し、膿汁を体の外に排出します。これらで良くならない場合は、膿瘍腫の摘出手術をします。赤痢アメーバ性肝膿瘍は、血液中の抗アメーバ抗体と、便や膿汁から顕微鏡で原虫を確認します。抗体やリンパ球を作って、体に免疫を成立させる薬の抗原虫薬や服用し経過を観察します。東南アジアなど汚染地域の旅行や滞在中は、生水や生水で洗った野菜や果物の摂取は控えた方がよいでしょう。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.