うっ血肝

心臓の病気と大きく関係しているうっ血肝は、心不全や心筋梗塞など発症時に発病し、慢性化すると肝硬変から肝不全になります。心臓と肝臓、どんな関係があるのかをここでご紹介します。

症状とは

心筋梗塞や肺炎などで、急に心臓の働きが低下したり、高血圧性心臓病などで慢性的に心臓の働きが悪い人に起こる肝臓の病気です。足のむくみや静脈のふくれ、呼吸困難などの心不全の症状が現れます。肝機能障害を起こし肝臓が急激に大きくなり、肝臓の膜が伸び縮みするので痛みを伴う。心不全の程度にもよりますが、時に黄疸が現れる場合もありますが、急性心不全の時の肝障害は心不全が回復すれば治るでしょう。慢性的に心不全が継続すると、肝障害も悪化してしまい黄疸も強く現れ、肝硬変から肝不全に至ります。この場合はうっ血性肝硬変と呼ばれます。

原因とは

肝臓は多くの血液が供給されているので、心臓の作用が低下するとその影響を多く受けます。肝静脈は右心房の圧の変化を多く受けるので、右心房の圧に伴って肝静脈も上昇します。その時、肝内の圧が高まって拡張します。全身の循環血液量の減少と共に、肝臓も減少して酸素の供給も低下します。そして、低酸素状態が悪化して肝細胞に障害を与えます。うっ血性心不全や胸膜炎で心臓の機能が低下して、肝臓に血液が溜まり、、圧迫と酸素不足で肝臓の組織構造がくずれ、肝障害が起こるのです。バッド・キアリ症候群(肝静脈や下大静脈が閉鎖される病気)でもうっ血肝がおこります。

心臓の病気

原因となる心臓に対する病気の治療を行います。心不全なら、心不全になった根本的な病気の治療を(急性心筋梗塞など)病状に合わせて治療を行います。肝炎ウイルスマーカーで検査をし、B型肝炎C型肝炎との区別をします。原因となる心臓の病気を確認するために心電図や心臓超音波検査も行います。超音波検査やCT画像で、肝静脈や下大静脈の拡張を確認します。心臓に対する病気の治療を行う事がうっ血肝の最大の治療で、安静にして食事の減塩の指導を行います。強心薬や利尿薬などの服用を行います。そして、肝細胞を保護するための治療を行います。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.