肝がん

アルコール性肝炎は飲酒によって引き起こされ、定期的な健診や毎日の飲酒のチェックで予防できる病気です。放置すると命の危険もある病気。どんな病気かご紹介します。

症状は?

アルコールの飲み過ぎで、長い間脂肪肝の状態が続いた場合に起こると言われています。肝細胞が破壊されて炎症がする病気です。症状は軽い人から重い人までさまざまで、普通は全身のけん怠感や食欲不振、吐き気や嘔吐や黄疸などと発熱と消化器系の症状の腹痛や下痢などが現れます。重くなると、ひどいけん怠感や吐き気やおう吐、意識障害やひどい黄疸、出血しやすくなり腹水が現れ、一か月以内に死亡してしまう事もあります。男性と女性が同じ量を長期に大量の飲酒をしても、女性の方に多く症状が現れる事がわかっているので注意が必要です。ウイルス性肝炎を合併している場合は、肝硬変から肝細胞がんを合併しやすいので注意が必要です。

原因は何か?

アルコールの飲み過ぎによるもので、毎日大量のアルコールを飲むと、アルコールを分解する酵素の働きが活発になり、多量の摂取が出来るようになります。そして、肝臓の細胞の変化が続くようになり、細胞の壊死と線維化が起こり、肝臓の働きが衰えていきます。日本酒で一日平均5合お酒を飲む人は大酒家と呼び、日本人では240万人の人が該当すると推測されています。肝臓は、アルコールがゼロになるまで代謝し分解し続けるけるので、毎日の大量飲酒は肝臓をずっと働かせることになります。その為、飲酒の機会を週二回、日本酒2合までというのが健康な生活に繋がります。

早めに治療

禁酒を行い安静にします。輸血をし脱水と電解異質の改善をします。劇症肝炎(げきしょうかんえん)の状態の場合は、ホルモン剤などのを使用し、ほとんどが完治します。アルコール依存症の治療も必要になります。予防としては、日ごろから肝機能や空腹時の血糖値などに異常がないか定期健診が必要になります。飲酒者はガンマ-GTPの数値が高くなるので、飲酒のバロメーターになります。肝臓の線維化が進んでも、血液検査で異常がいつからない場合もあるので、腹部超音波検査や肝生体が必要になります。大量飲酒を男性は20年間、女性は12年間続けると肝硬変になる可能性が高いので、飲酒量のチェックを毎日する事は大切な事と言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.