A型急性肝炎

A型急性肝炎とは、A型肝炎ウィルスに感染し、ウィルスが肝臓で増殖する事により炎症を起こす病気です。衛生環境の整った日本では、流行する事が少なくなりました。では、何故発症してしまうのか、その原因や治療法をご説明します。

潜伏期間

A型急性肝炎は、感染してから約1カ月の潜伏期間があります。潜伏期間が過ぎてからでる自覚症状には、高熱・倦怠感・食欲の減少・吐き気、嘔吐・腹痛・下痢などです。しかし、このような症状は、他の病気でも現れます。しかし、A型肝炎は他の病気に比べて、このような自覚症状が強く出る事が特徴です。そして、症状が現れてから、約1週間後に黄疸が現れます。尿が茶褐色になったり、便が白っぽくなったりします。 また高齢者や、B型肝炎・C型肝炎・アルコール性肝障害を既に発症している患者は、重症になる場合が多いです。

衛生状態の悪さが原因の一つです。

A型急性肝炎は、ウイルスが付着している食べ物や飲み水により、感染します。体内にウィルスが入ると、これを駆除しようとする抵抗力、つまり免疫反応が起こります。この免疫反応により、ウィルスに感染した細胞だけでなく、肝臓そのものにまで攻撃が及び、肝臓に炎症が起こるのです。体外にでたたウイルスは、衛生状態の悪い地域では水や食べ物に付着して、次の感染が引き起こされます。生水や生ものは当然ですが、野菜を洗う水であったり、食器を洗う水、また汚染した水により作られた氷によっても感染します。また、まれに血液や唾液から感染することもあります。

治療方法

A型急性肝炎の特徴でもある黄疸や、血液検査により、肝臓の状態の悪さを表す数値が高い時には入院をし安静にします。トイレや食事など、日常の動きで必要な時以外は、横になり安静にする事が大切です。安静になる事により、肝臓への血流を保ち、肝臓の回復を促します。また、症状強さや、血液検査の数値によっては、安静にする程度を軽くします。薬物療法では、直接ウイルスを撃退できませんが、食欲が無い時、嘔吐や下痢などが強い場合には、点滴を行い脱水や栄養不になる事を防ぎます。二次感染を防ぐために、患者を個室などに隔離する事もあります。A型急性肝炎は、適切な処置をすれば、劇症肝炎になることはありません。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.