トップ みぞおちが痛む主な病気急性胃粘膜病変

急性胃粘膜病変

急性胃炎と急性胃潰瘍を一括して急性胃粘膜病変と呼ばれています。もっとも一般的な病気で放置しがちですが、ほっておくと怖い病気と言う事をここではご紹介しましょう。

症状とは

突然の胃痛やむかつき、吐き気や嘔吐、もたれなどが現れ、時には吐血や下血が現れる場合もあります。急性胃炎と急性胃潰瘍など、急激に症状が現れ短期間で治癒するものを一括して急性胃粘膜病変と言い、緊急の内視鏡検査で胃粘膜や十二指腸を確認し、胃粘膜に発赤(あかみ)や浮腫(むくみ)、びらん(粘膜が欠損した状態)などを起こす胃炎や、胃の粘膜に深い穴が開く胃潰瘍などが確認されるのが特徴です。急性胃粘膜病変は、近年では病変が粘膜にとどまらないため、急性胃病変と呼ばれていて出血をともなう病変である場合は、ショック状態になる事もあります。

生活習慣の改善を

ストレスや暴飲暴食などによる刺激、アルコールの飲みすぎ、医薬品の副作用やアニサキスなどの寄生虫や細菌の感染、食中毒など色々な原因です。特定の食物によるアレルギー反応でも起こり得ます。以上のさまざまな原因によって、胃液や胃酸の分泌が悪くなったり、胃粘膜の血液循環の悪化、そして粘膜に傷害が起こるとされています。最近では、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)という細菌が、いろいろな病気と関係している事がわかっていますが、まだ判明はされていません。

早めの受診を!

ストレスの軽減や、食生活の見直と医師より処方された内服薬を服用し経過を観察します。それでほとんどが短期間で治るでしょう。重症であれば、入院して絶食します。栄養は点滴で摂取し、出血がひどい場合は輸血が必要です。そして、胃粘膜を増やしたり血流を増やすなどのさまざまな作用をもたらす薬を症状に合わせ組み合わせ医師から処方され服用します。日常生活から予防できる事はたくさんあり、暴飲暴食や嗜好品、香辛料の過剰摂取、喫煙などは胃に刺激を与えるので出来るだけ少なくし、ストレス取り除く事とても重要です。この病気にかかったと疑われたら、速やかに受診し、治療を受ける事は重要です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.