急性胃炎

急性胃炎は、身近にあるもっとも多い病気です。原因のほとんどが食生活からなるものです。どのように治療するのか?それから予防するにはどのようにするのか、ここでご紹介します。

どんな症状?

急性胃炎は、急激に粘膜の炎症が起こる病気で、胃の病気の中で一番多いです。症状は上腹部の痛み、みぞおち辺りに重苦しい痛み、吐き気やげっぷが出たりします。ひどい場合は、吐血や下血することもあり、吐き気に伴い、食欲不振になります。食中毒による急性胃炎は、発熱も伴います。みぞおち辺りの痛みは、立っていられないほど、うずくまるほどの痛みの場合もあり、とてもつらい病気の一つです。病院では、問診や触診が中心になため、痛む場所や発症の時期、食生活や服用している薬などを正確に医師に伝える必要があります。

食生活の改善を!

原因はさまざまですが、暴飲暴食などの刺激によるものと、感染症などの体内からの影響でなるものがあります。刺激とは、コーヒー紅茶などカフェインの多いものの摂りすぎ、アルコールや香辛料などの刺激物の摂りすぎ、かぜ薬や鎮痛剤の副作用、ストレス、喫煙、不規則な生活などです。体内からの影響とは、かぜやインフルエンザ、牛乳や青魚のアレルギーなどがあり、刺激物の過剰摂取した場合、胃の胃の粘膜が充血してむくみます。そして、さらに刺激を受けると、出血やただれの原因になるので、嗜好品の過剰摂取には注意しましょう。

慢性胃炎になる前に

急性胃腸炎は、まず胃が荒れる事からはじまります。通常は、一日安静にし消化の良いものを摂取したり、市販の胃薬を2〜3日飲めば治ります。しかし、放置していると慢性胃炎になってしまう事も。胃の病気のほとんどは、生活の不摂生から起こると言われています。予防としては、まず一日3食決まった時間によく噛んで食事を摂る事。空腹や満腹は、胃に刺激を与えます。そして、ストレスのない生活を心がけ、寝不足の無いよう十分に睡眠をとりましょう。胃が荒れているなと感じたら、おかゆやヨーグルト、牛乳など消化の良いものを摂るようにして、胃への負担を軽減するよう心がける事も大切です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.