トップ その他気になる症状お腹が張る・痛い -原因や考えられる病気-

お腹が張る・痛い -原因や考えられる病気-

お腹が張る・痛いというのは、痛い場所も症状もさまざまありますが、原因となる病気もさまざまあります。放置してしまう事もありがちですが、時に緊急手術が必要な怖い病気が隠れてる事もあります。原因や考えられる病気をご紹介します。

症状とは?

お腹が張ると言うのは、腹壁が膨れたりはる感じがすることを言います。腹壁が腫れる感じがする事は、お腹に皮下脂肪が付いている事なので、病気などではありません。お腹が痛い場合は腹痛と言い、みぞおち辺りや右上あるいは左上の腹部、右あるいは左側の腹部、右あるいは左側の下腹部や下腹部全体、腹部全体などの痛みがあります。病気の中で、腹痛を主な症状とする場合が最も多く、痛みの程度や部位、性質などで原因となる病気が推測出来るのが腹痛です。痛みのほとんどは異常のある臓器がある場所に現れ、突然激しい痛みを起こす場合は、緊急に処置が必要な場合もあり、すみやかに救急車を呼んで手当が必要な事もあります。

原因とは?

腹痛は消化器や泌尿器、婦人科系や血管、筋肉や腹膜や腹腔内などの変化で起こり、心臓の病気でも起こります。緊急を必要とする病気は、虫垂炎や腸閉塞、急性胆管炎なfどがあり、その他には急性膵炎や急性腹膜炎、胆石症や尿路結石、胃がんや大腸がんなどによる出血などは急を要する腹痛の症状です。お腹が張る場合の症状は、胃や腸の内容物が増える場合や器官のどれかが大きくなっている場合、おなかの中にできものができている場合や腹水がたまる場合などがあります。胃や腸の内容物が増える場合以外原因の時は、大きな病気が隠れている場合があるので、すみやかに医療機関を受診する事が必要と言えます。

治療法とは?

血液検査や尿検査、検便やエックス線検査、内視鏡検査などさまざまな検査をして、原因を解明しその原因となる病気の治療をします。症状を除去する治療として、内服薬を服用します。鎮痛剤や鎮痛解熱剤、精神安定剤や催眠鎮痛剤などが腹痛の対処療法として使われています。手術は腹痛に対する原因の除去としての行われます。主に急性腹症に対して行われ、腹痛を引き起こす障害のある臓器の切除や腹膜炎などの感染などに対する手術が行われます。腹痛やお腹がはるといった症状は、しばらくすれば良くなるものから、ただちに緊急手術が必要となるものまでさまざまなので、本人だけでなく、家族などの意見も参考にして医療機関の受診を早めにする事が大切なことです。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.