トップ その他気になる症状みぞおちの不快感や考えられる病気

みぞおちの不快感や考えられる病気

痛み方によって、重大な病気のサインかもしれないみぞおちの痛み。放置すると重大な病気が進行しているのかもしれません。そんなみぞおちの痛みにはどんな病気が考えられるのかご紹介します。

どんな症状?

上腹部の中心にあたる場所をみぞおちと言いますが、そこの痛みは主に胃腸の異常が原因です。キリキリと痛んだり、むかつきや嘔吐、食欲不振をともなったりする場合など、さまざまあります。これは。胃の粘膜が炎症を起こしている事によっておこる症状です。暴飲暴食や、嗜好品の過剰摂取など起こる場合もあり、胃酸の分泌を促進して、胃や十二指腸の粘膜を傷つけてしまします。食事中や食事後にシクシク下痛みを感じたり、胸やけや酸っぱいゲップ、吐血や血便などの症状が現れた場合は、胃潰瘍の可能性かあります。慢性的にキリキリシクシク痛む場合は、医師の診査を受けて病名を知る事はとても大切な事です。

原因の病気は?

考えられる原因として、暴飲暴食やストレスなどの自律神経の乱れ、食あたりなどがあります。原因となり病気は、急性胃炎や胃・十二指腸潰瘍、胆石症や膵炎、心筋梗塞などがあがんがえられます。おおきな病気が隠れている事もあり、胃がんの場合もあります。胃腸の病気では、だいたいみぞおちの痛みが現れますが、急性膵炎では激しい痛みを起こします。虫垂炎では、初期の段階でみぞおちの痛みが現れます。その後痛みを増しながら右下へ移動指定します。心筋梗塞では胸やみぞおちに激痛があ起こります。吐き気や冷や汗などが現れる事もあります。肺炎でも痛みを発症する場合があります。

原因となる病気の治療を

胃炎の場合で原因が明らかな場合は、その原因の除去をします。半日から1日絶食し、ぬるま湯での水分補給をします。さらに症状に合わせた薬を服薬します。胃がんの場合は、胃炎や胃潰瘍と症状が似ているので、内視鏡などで検査をしいます。早期発見できれば、内視鏡でのがんの切除や抗がん剤などを投薬します。進行していたり転移がみられる場合は、胃の切除や周辺臓器の切除を行う手術をする場合もあります。一時的な痛みだと気にせずに放置してしまう事も多いですが、重大な病気の初期発見するためにも、気になったら医療機関を受診して、原因を知る事がとても重要な事と言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.