トップ その他気になる症状血便の原因や考えられる病気

血便の原因や考えられる病気

病気の症状として現れるサインの一つとして血便があります。症状が現れたら原因は何かを知る事がとても大切な事と言えます。血便の原因で考えられる病気は何かご紹介します。

どんな症状?

血液の混ざった便が肛門から排出される事を言います。結腸から肛門までの部位から出血し、腸内細菌の分解を受けないため、鮮紅色の血便が排出されます。便に血が混ざったり、表面に血の付いている状態の事を言います。べたべたした粘液に血液がついた状態の便は粘血便と言います。食あたりでも血便が出る事があります。その場合は、腹痛や発熱、下痢や嘔吐などの症状を伴います。血便の中には、大腸がんや胃・十二指腸潰瘍などのような重い病気が隠れている場合がありますので、吐き気や発熱を伴う場合は早急に診察を受ける事がとても重要です。

原因の病気は?

考えられる病気として、痔や十二指腸潰瘍、胃腸炎などで血便の症状が出ます。大腸がんでも血便が出る事もありますが、初期の症状ではほとんどが目で見て確認できないほどです。排便時やはは排便後に鮮血が出た場合は、痔が考えられます。便の表面に付着したり、排便後に噴射状に出血する事もあります。おしりを拭いた紙に血液が付着するのが特徴です。胃潰瘍では食後に、十二指腸潰瘍では空腹時にみぞおち辺りの痛みが現れます。大腸ポリープでは、小さいうちは症状はありませんが、大きくなるにつれて出血と腹痛が現れます。良性のポリープですが、がん化する危険性もあえいます。大腸がんは進行すると目で確認できる血便になります。便秘や下痢、腹痛などが起こります。

原因となる病気の治療を

自覚症状の現れにくい大腸がんが、早期発見のために定期的に健診を行う事が大切です。ピロリ菌の除去も重要です。抗生物質での除去が可能なため、慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍、胃がんや潰瘍の再発を防ぐためにも、ピロリ菌の有無の検査や除去はとても重要な事と言えます。痔の場合は市販薬があり、坐薬や軟膏などさまざまなものが市販されているます。薬剤師などによく相談して使用するように心がけます。早めに対処する事で、症状の軽いうちに改善できる事が多くあります。取り返しのつかない事になる前に、血便が出たら早めに受診する事が大切な事と言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.