トップ その他気になる症状下血の原因や考えられる病気

下血の原因や考えられる病気

下血が起きたら、早急に受診する事が必要な症状です。消化管の重大な病気のサインとも言える下血とはどんな症状なのでしょうか?また、どんな病気が隠れているのかご紹介します。

どんな症状?

血液成分を肛門から排出するこで、出血源は口腔から直腸までの全部の消化管からなる事です。出血が少ないと、大便の外見は通常とかわない事が多く、科学的に検査し出血の有無を調べると出血している事がわかります。このような場合を潜血と呼び、出血が多量になり肉眼でもわかる状態になった事は顕出血と呼び区別されています。食道や胃、十二指腸などの上部の消化管から出血するとタール便と呼ばれる海苔の佃煮状の便とも言われる黒色の便を排出するようになります。黒色便やタール便は、60ml以上の出血量が必要です。鮮血便は、鮮紅色の出血で大腸からの出血で起こります。出血量が十分にあり、大腸の運動が低下している場合は、黒色便になります。

原因の病気は?

考えられる病気として、虚血性大腸炎や感染性大腸炎、アメーバ赤痢などの感染性腸炎や胃・十二指腸潰瘍、悪性腫瘍など、さまざまにあります。虚血性大腸炎は、老人で動脈硬化や糖尿病にかかっている人に多く見られ、急に血便が出て左側の腹痛を発症します。出血性大腸炎は、けいれんするような腹部の痛みとみ水のような下痢が突然始まり、その後下血が始まります。大腸ポリープや早期大腸がんは、無症状で少量の下血が現れます。少量のため気付かず、健康診断などの検便で発見される事もあります。進行がんや直腸がんの場合は、中から大量の出血が起こる事もあります。

治療方法は?

必要に応じて点滴や輸血を行い、上部の消化管に出血があれば、内視鏡で診断して止血の処置を行います。内視鏡では止血が困難な時は、開腹手術が必要になり、動脈瘤は、鼻から入れたバルーンで止血する治療を行う場合もあります。下部の消化管からの出血の場合は、内視鏡での検査は行いますが、大量に出血している場合は検査が困難な事もあり、禁食や安静を中心とした治療を行います。また、それそれの症状にあ合った薬物での治療も行います。下血は消化管の重大な病気を示す場合もあり、命の危険を伴う事もあります。早期に医療機関を受診する事が大切です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.