トップ その他気になる症状嘔吐の原因や考えられる胃腸の病気

嘔吐の原因や考えられる胃腸の病気

嘔吐はさまざまな原因からなる症状です。軽い食中毒から、命の危険にさらされる怖い病気まであります。そんな嘔吐した時に考えられる胃腸の病気はどんな病気かご紹介します。

どんな症状?

胃の内容物を吐いてしまう事を言います。脳内ある中枢が色々な病気やストレスなどの心因性のものが原因となって刺激され起こるです。吐き気を催しその後、嘔吐をしますがこれを嘔吐反射と言い、本人の意思では制御する事はできません。乗り物酔いや高温になる閉所などの精神的なストレスなどでも嘔吐する事は多いと言われています。一般的には飲酒や摂食、腐敗した食べ物などから嘔吐を引き起こす場合があります。原因となる病気がある場合は、嘔吐と一緒にみぞおち辺りの痛みや、側腹部の痛みや腰痛、下腹部などの痛みがあったり、膨満感やお腹全体の痛みなどの症状が現れている場合は、胃腸の病気が原因ではないかと考えられます。

原因の病気は?

考えられる胃腸の病気として、急性・慢性胃炎や胃がん、胃・十二指腸や虫垂炎、腹膜炎や急性・慢性膵炎などが考えられます。急性・慢性胃炎は、ストレスや鎮静剤の副作用で起こる症状で、のたうちまわるような激痛に襲われる事もあります。胃がんは、ピロリ菌が関係していると言われています。胃・十二指腸潰瘍は、みぞおち辺りの痛みの症状が現れます。胃潰瘍は食後に痛みを感じ、十二指腸潰瘍は、空腹時に痛みを感じやすいと言われています。まれに、痛みが現れない場合もあります。虫垂炎の痛みの程度も人それぞれで、吐き気や嘔吐の後に、右下腹部の痛みが現れます。その他にも、胃アニサキス症や胃肉腫、感染性腸炎や虚血性大腸炎などもあります。腹痛を伴う嘔吐には注意が必要と言えます。

原因となる病気の治療を

急性・慢性胃炎では、原因となるものがストレスの場合はストレスの除去を、鎮静剤などの服用が原因の場合は、胃粘膜を保護する薬などを服用します。胃がんの場合は、開腹手術や内視鏡手術で胃がんの切除を行います。虫垂炎は、抗生物質の点滴で治る場合もありますが、手術しなければならない場合もあります。嘔吐の原因は、軽い食中毒から命に関わる病気までさまざまあります。したがって、嘔吐で医療機関を受診する場合は、それに伴う症状を医師に明確に伝える事が大切です。消化器の病気の時の吐しゃ物には茶褐色の血液が混ざる事もあるので注意が必要です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.