トップ その他気になる症状吐血の原因や考えられる胃腸の病気

吐血の原因や考えられる胃腸の病気

吐血は、原因となる病気がかなり進行した状態になった時に起こります。吐血のほとんどは胃腸の病気ですが、原因となる病気はどんな病気があるのかをご紹介します。

どんな症状?

消化管に流れた血液が、目で見て明らかに出血と確認できる状態で、口から体外へ排出される状態を言います。吐しゃ物にわずかな血液が混ざる事は吐血とは呼ばれず、稀に腸が出血の場所になる事もありますが、胃や十二指腸からの吐血は、吐き気やおう吐といった症状はなく、胃酸で変色した黒褐色の血液が出るのが特徴です。食道からの吐血は、鮮血が多く見られます。ほとんどが原因となる疾患が進行した時に起こる症状なので、早急な医師の処置が必要になります。症状の特徴として、色は黒褐色または鮮血、泡は含まれず食べ物のかすが含まれる事が多く見られます。体温は正常で出血後黒い便が出つような事が多く見られます。

原因の病気は?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんや急性胃粘膜病変、食道動脈瘤などが原因として考えられます。胃潰瘍は、潰瘍によって胃壁が破れて出血を起こすと、めまいや冷や汗が出たりした後に吐血します。黒いタール状の便が血液と一緒に排出される事があります。十二指腸潰瘍は、胃潰瘍とほとんど同じですが、出血が激しい時は、気を失う事もあります。胃がんは、ピロリ菌の感染と塩分の強い食生活が原因と考えられています。貧血症状が現れる事もあります。急性粘膜病変は、アルコールの飲みすぎや過度のストレスなどで起こります。食道や胃、十二指腸の粘膜の方々からの出血により吐血する場合もあります。食道動脈瘤は硬い食べものが食道を通過すつ時、動脈にできたこぶを傷つけ、それが破裂し吐血する場合があります。

原因となる病気の治療を

原因となる病気の治療が必要となりますが、吐血があった場合には、血液の量に関わらず安静にして、水分は口にしないようにします。出血が少量で、動く事が出来ればすぐに病院に行き、医師の診察を受ける必要があります。大量に吐血した場合は、顔が青ざめ冷や汗が出ます。脈は早く弱くなり、血圧の低下も見られるようになります。この場合は、頭を低くし横になり救急車の手配をします。原因となる病気が進行して起こる症状なので、定期的な健診をし、早期発見に努めるのが重要と言えます。ピロリ菌の除去もとても重要な事です、定期的にピロリ菌の有無を検査し、除去する事で胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍や胃がんの予防をする事はとても大切な事と言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.