感染性腸炎

感染性腸炎とは、時折流行するノロウイルスなどの感染によるものでした。しっかり予防の対策をすれば感染は防げます。どんなふうに感染するのか、ご紹介しましょう。

どんな症状?

ウイルス性胃腸炎の総称で、ノロウイルスやロタウイルス、アデノウイルスなどのウイルスのが原因になって発症する腸炎の事です。ロタウイルスやアデノウイルスは乳幼児によく見られます。症状は病原体によって異なりますが、個人差もありますが、下痢や嘔吐、悪心や腹痛、37℃代の発熱などがあります。ロタウイルスの場合は、便が白くなります。水下痢や血便ちなる場合もあり、症状が重いと脱水症状を起こす事もあります。症状がある期間は短く、特別な治療方法がない事から検査は行われずに、流行の状況や症状から感染性腸炎と判断される事もあります。

人から感染

人の手を介して口に入った時感染する可能性があります。これを経口感染と言います。人から人への感染と、汚染した食品による食中毒に我られます。感染した人の便や嘔吐物に触れて、そこからウイルスが口に入った場合と、便や嘔吐物が乾燥し、塵と一緒に舞い上がり、其の塵と一緒に体内に入り込んだ場合と、感染者が手を十分に洗わずにして調理をした食品を口にした場合と、ウイルスを内臓に取り込んだカキやシジミなどの貝を生や加熱処理しないで口にした場合などのような感染経路があります。感染してから1日から2日の潜伏期間を経て発症します。

治療法は

特別な治療方法はなく、症状を軽減するための処置が行われます。乳幼児高齢は脱水症状になる場合がある為、早めに受診する事が大切です。嘔吐の症状がおさまったら、少しずつ水分補給をし、安静にします。消化のよい食事を摂るように心がけます。予防の最も大事な事は手を洗う事です。便や嘔吐の処理をするときは、使い捨ての手袋やマスク、エプロンをして処理し、処理後は石鹸で十分に手洗いをします。カキなどの二枚貝を調理する時は十分に加熱します。85℃で1分以上の加熱が必要です。ノロウイルスは少ないウイルスの量でも感染する、非常に強いウイルスです。症状のある人の便や嘔吐物を扱うときは十分に注意が必要です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.