トップ その他胃腸の病気胃下垂・胃アトニー

胃下垂・胃アトニー

胃のバリウム検査で確認して、胃全体の位置が正常な状態より下のほうにある。または、胃が下に垂れ下がり、ひどい時はへそのあたりまで落ち込んだり、骨盤よりも下に下がっている事を胃下垂と言います。
胃アトニーは、胃下垂が原因で胃の筋肉がたるんでしまい、胃の動きが鈍くなることです。

どんな症状か

まずバリウム検査で胃の中を確認します。胃が元々ある位置の下まで垂れ下がっていたり、へそのあたりまで落ち込んでいる状態がみられる場合に、胃下垂(いかすい)と判断されます。

胃下垂の症状としては、自覚症状はありません。胃アトニーは胃下垂がもともとの原因とされるもので、胃の筋肉がたるみ胃の働きが悪くなった状態ことをいいます。症状がでていなければ病気ではありません。

胃下垂の状態に胃炎や胃アトニーなどがさらに加わると、消化不良による胃もたれ、胃の痛み、ゲップ、膨満感などの症状がでてきます。

原因とは

一般的に、おなかの壁の脂肪不足による体の細い女性の方や、虚弱体質の方に多く見られるのが特徴とされます。

また、甲状腺機能亢進症や、脳下垂体不全などのホルモンの病気など、腹部の手術、出産の繰り返しにより起こる場合もあります。そして暴飲暴食、過労、 不安、ストレスなどを引き金に、胃の働きが弱り胃下垂や胃アトニーの症状があらわれやすくなります。

これらが原因で、胃の痛みや違和感のある方は、お近くの専門医にご相談されてください。

治療法は

胃下垂自体は病気ではない為に、特にこれと言って治療をする必要はないです。しかし、胃アトニーになってしまったら気を付けなくてはならない事があります。

それは胃に負担をかけない食事を、一日に何回にも分けて少しずつ取る事です。そして、腹筋を鍛えてインナーマッスルを強化しましょう。

大切なのが、規則正しい生活をおくること。ストレスが胃にも負担をかけるので、気持ちをおおらかに生活できるよう、心がけてください。また、胃アトニーかもしれないと感じたら、すぐに病院にで診察を受けましょう。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.