トップ その他胃腸の病気胃酸症・胃酸過多症

胃酸症・胃酸過多症

胃酸は、胃の粘膜に存在する壁細胞(へきさいぼう)から分泌される塩酸です。この塩酸でもある胃酸の分泌が増えてしまうと、胸やけ・吐き気・ゲップなどの症状が起こります。この状態を胃酸過多症と言います。

症状とは?

胃酸過多は、胃酸が多く分泌され胃酸で胃を圧迫することで起こるもので、主に胃もたれや胸やけの症状が起きます。また、胃酸と食べ物が反応してげっぷが出やすくなったり、胃酸の酸っぱい臭いが口まで上がってきたりします。

時には胃酸が喉まで込み上げてきて、吐き気が起こることも・・・。空腹時に胃が痛むのも症状の一つといえます。このような症状が出たら、胃酸過多の疑いがあります。

何が原因?

胃酸過多症の原因はタバコの吸い過ぎや、お酒の飲み過ぎ、刺激の強い食品を摂り過ぎなどが考えられますが、ストレスや過労なども原因として考えられます。

逆に香辛料・炭酸・コーヒー・焼肉などを控えることで、胃酸の分泌を抑えることにもなります。出来るだけ、胃に負担をかけない生活をすることで抑えることができます。

治療方法

この状態がとても重い症状と考える必要はなく、胃に負担をかけないようにやさしい食事をとったり、タバコやお酒を控えたり、ストレスを感じないような生活を送ることで症状は抑えられます。

しかし、怖いのは別の病気が隠れている可能性もあるかもしれないということです。できる限り病院でしっかりと検査を受けましょう。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.