トップ 胃炎びらん性胃炎(特徴・症状・治療)

びらん性胃炎(特徴・症状・治療)

びらん性胃炎とは、胃の入り口がでこぼこと、まるで巾着袋を絞ったような状態になる病気です。もし、びらん性胃炎になってしまったらどのような状態になり、どのような事に注意しなければならないのかをご説明します。

びらんとは?

びらんとは、粘膜組織がはがれてしまっていて表面がただれている状態をいいます。でこぼことした状態は、粘膜が深くえぐられている状態です。当然、組織が傷ついているので、胃の正常な機能していない為、胃のむかつき・痛みなどの不快感があらわれます。また、胃の入り口ふきんにできる場合が多いので、出血を伴う事もあります。びらん性胃炎には初期症状はありません。粘膜が傷つきだして、約12時間後に、突然の痛み・吐血などで、病院に駆け込むかたが多いようです。びらん性胃炎は、胃潰瘍の一歩手前と考えると、分かりやすいかもしれません。

ストレスと暴飲暴食が原因

びらん性胃炎の原因は、とにかく胃の粘膜に悪影響をする事で、一番の原因はストレスと言われています。胃の病気の中では、暴飲暴食を抑え一位にあげられるそうです。ストレスにより胃の粘膜が炎症を起こし、やがてびらん性胃炎へと進行していきます。とはいっても、暴飲暴食が胃の粘膜に炎症を起こす事はあきらかです。まれに、放射線やウィルスの感染、事故などの外傷が原因となる事もあります。また、アスピリンなどの、解熱鎮痛剤の服用も原因となることがあります。薬剤が胃の粘膜を刺激し、炎症を起こしてしまうからです。

生活習慣の改善

びらん性胃炎は、その原因が分かっていれば、それを取り除く事です。暴飲暴食が原因であれば、食生活を改善し、腹八分にしアルコールを控える事です。ストレスが原因の場合、職場でのストレスという方も多いかもしれません。そのような場合には、何か発散出来る趣味のようなものを持つことはどうでしょう。決して、お酒には逃げないように!そして、処方された薬をしっかり服用する事も大切です。万一、重症化してしまい吐血・出血が多く危険な状態になった場合には、輸血をする事になります。もし、ウィルス性のびらん性胃炎の場合には、抗生物質を服用する必要があります。覚えのある方は、必ず医師に報告しましょう。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.