トップ 胃炎表層性慢性胃炎(特徴・症状・治療)

表層性慢性胃炎(特徴・症状・治療)

表層性慢性胃炎とは、慢性胃炎の一種です。急性胃炎から慢性胃炎に進行すると、胃がんへと進行する確率も高いといわれています。どのような症状で治療法があるのか説明しましょう。

症状とは

表層性慢性胃炎は、慢性的に炎症を起こしている部分が粘膜の表面のみに留まっている状態の事です。しかし、慢性胃炎に変わりはなく、慢性的に続く胃の不快感・ゲップ、などがあります。また、胃もたれを起こしたり、食後に腹痛を起こすことがあり、胃液が過剰に分泌しているため口臭がひどくなる人もいるようです。食欲不振になり、吐き気・嘔吐を起こす人も。また、表層性慢性胃炎は、突然に慢性胃炎になるのではなく、その前には、急性胃炎を必ず発症しています。急性胃炎の特徴・症状である、みぞおちの痛みや胸やけなどの症状が必ずあるはずです。

原因とはなにか?

表層性胃炎の場合、原因は急性胃炎と何ら変わりません。暴飲暴食、コーヒー、アルコールの飲み過ぎ・刺激物の食べ過ぎ・薬物などです。胃の粘膜の刺激が炎症を起こし、急性胃炎から慢性胃炎へと進行するのです。また、細菌の感染も原因ではないかといわれています。胸やけ・胃のもたれなどの不快感が続き、この不快感を感じる前に、暴飲暴食で、急性胃炎を患った覚えがある人は、慢性胃炎から胃がんへと進行する前に、医療機関で検査し、ピロリ菌に感染しているかも検査してもらう必要があります。

急性胃炎を悪化させない事!

急性胃炎同様、暴飲暴食を繰り返す、消化のよくない食べ物や、刺激性の飲食物を繰り返しとるなど、胃の粘膜に炎症を起こしやすい食生活をする事です。急性胃炎であれば、食生活を見直し、薬の服用などで、対処できたかもしれません。しかし、症状が出ているのにも関わらず、少し症状が治まったからといって、もとの食生活にもどり、そのまま暴飲暴食をくりかえしていると、慢性胃炎へと移行していきます。また、ピロリ菌の感染が確認された場合には、医師の指示のもと、決められた薬をしっかりと服用する事です。途中で投げ出さない、これも治療のひとつといえるのかもしれません。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.