トップ 胃炎急性アレルギー性胃炎の特徴や症状

急性アレルギー性胃炎の特徴や症状

急性アレルギー性胃炎は、アレルギーを引き起こす物を摂取する事で、胃の粘膜にアレルギー現象を起こす病気です。意外にも、身近な食品、成長に不可欠な食品が、アレルゲンとなります。

症状がでたら

アレルギー性胃炎の症状としてよくみられるのは、腹痛・嘔吐・下痢・胃痛・血便・気管支喘息、そして、じんましんです。やがて、呼吸困難となり、全身がショック状態となるアナフィラキシーをおこします。これらの症状は、アレルゲンとなる食物を摂取する事であらわれ、人によって違います。例えば、玉子や青魚の代名詞でもある鯖。新鮮な鯖を食べて、じんましんが出る人と出ない人があるという事です。そして、単純性胃炎・急性胃炎とは、明らかに症状のでかたが異なるので、周囲の人は慌てるでしょう。

アレルゲンはの原因

アレルゲンとなる食物は、私たちにとって大変身近な食品となることがあります。そして、その食品には子供の成長に欠かせない牛乳・卵・魚介類・小麦・大豆などがあげられることがあります。また、乳児が母乳を飲んだ時にもアレルギー反応が出る事もあるといわれます。乳幼児の場合は、なかなか急性アレルギー胃炎なのか、食中毒なのか、病名の判断がつきにくいものです。子供にとって、胃の痛みと腸の痛みは、腹痛としか表現できないからです。急性アレルギー性胃炎は、子供の成長に影響が出る場合もあるので、大人がしっかりと子供の状況を見守り、症状がでた時の食物をしっかりと把握しておく必要があります。

治療方法

急性アレルギー性胃炎の治療は、その時の症状に対し治療を行う対処療法しかありません。症状が激しい時には、抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤・ステロイドを服用あるいは点滴をします。このような状態にならない為には、日常生活の中で、自分が何を食べてアレルギーを起こすのか、把握しておく事が大切です。子供には、このような事は無理なので、親や周囲の人が把握しておくことがとても重要です。子供の成長に欠かせない食べ物がアレルゲンとなった場合には、医師・栄養士と相談しましょう。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.