トップ 胃炎急性胃炎とは?

急性胃炎とは?

急性胃炎とは、さまざまな理由によりみぞおちの痛みを訴える病気です。そして、この痛みの原因は、必ず覚えがあるものなのです。思い当たる原因が分かれば、痛みへの対処も早く出来、症状が治まるのも比較的早い胃の病気です。

多くみられる症状

急性胃炎を発症している人のに多くは、みぞおち付近におこる締め付けられるような痛みと共に、胃の付近から突き上げるようにもよおす、吐き気・嘔吐に悩まされます。胃の付近から食道を昇り、食べた物を一気に口へともどします。この嘔吐物は、胃酸も一緒に昇ってきます。口に昇ってきた胃酸は、なんともいえぬ気持ちの悪いもので、この気持ちの悪さから食欲は減退し、体調不良まで引き起こす。これは、炎症により胃の粘膜が破壊され、胃粘液が胃酸から粘膜を守る事ができなくなり、消化できない飲食物が口へと戻されるのです。

原因とは

急性胃炎を引き起こした人は、振り返れば必ず思い当たることがあるものです。前日に、脂分の多い料理を食べ過ぎた・アルコールを飲み過ぎた・コーヒーや紅茶を飲み過ぎた・ストレスを感じたなどです。解熱鎮痛剤や抗生物質、がんの治療のため放射線治療でも、急性胃炎はおこります。夏場に起こりやすい食中毒も、急性胃炎を引き起こします。食中毒では、サルモネラ菌・ボツリヌス菌などにより高い熱がでるので、原因としては分かりやすいです。食事の時はよく噛んでと、言われた事がありませんか。よく噛まずに食べた物を飲み込むと胃は懸命に消化しようとし、やがて自分自身をも消化しようとし、急性胃炎を発症するのです。

胃を休めることも治療

胃炎の症状である嘔吐や痛みは、胃の働き過ぎが原因でもあります。治療は、とにかく胃を休めてあげる事です。痛みが激しい時には絶食をして胃を休め、痛みが治まってきたり、弱くなってきたらお粥など消化のよい食事をとります。食事の回数は、様子をみながら増やしていきましょう。症状がでている間は、決して消化の悪い食事や油の多い食事・刺激物・アルコールは決してとってはいけません。併用して、過剰な胃酸の分泌を抑える薬・胃の粘膜を保護する薬を服用します。薬は医師の指示があるまで服用し自己判断で服用を中止してはいけません。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.