腎がん

症状がない場合が多く、症状が出てきたときには危険な状態の事も。健康診断などの定期検診などで偶然発見される事も多くなってきている腎がんとは?どんな病気なのかここでご紹介します。

ほとんどが無症状

腎臓に発生する悪性腫瘍で、症状は血尿や背中の痛みや腹部の腫瘤などがあります。ほとんどま症状がなく、健康診断で超音波検査やCT検査を受けた際に、偶然発見させることも多く見られます。血尿はもっと重要な兆候で、背中の痛みや腹部の腫瘤などが現れた時は、かなり大きくなってから起こる事が多く見られ、最近ではそこまでなる前に発見される事が多くなっているので、あまりこのような症状は見られなくなっています。発熱や貧血、食欲不振やけん怠感、体重減少などが起こった場合は、大きいがんの場合で、肺や骨などへ転移して見つかる事もあります。

原因不明

原因はいくつかのがんの遺伝子の変化によるもと考えられていますが、はっきりとした原因は不明です。肥満や高血圧は2倍から4倍腎がんになりやすいと言われています。長期の透析により、腎臓が後天性嚢胞変化になってしまった場合、約6パーセントに腎がんが発生すると言われています。また、ある種の化学薬品などを扱う職業でも発生率が高いと言われています。男性は女性より2倍から3倍発症率が高いと言われ、年々増加傾向にあり、50代から70代に多く発症します。腎臓に発生する悪性腫瘍で最も多く85パーセントから90パーセントを占めています。

早期発見が大切!

CTや超音波などの画像検査で診断します。診断な困難な場合は、組織を採取して検査が行われます。進行度やリンパ節への転移、他の臓器への転移などに分けて病期を分類します。腎がんの場合は抗ガン剤や放射線治療はほとんど効果がないため、がんの進行度に関わらず基本的に外科手術をします。小さながんであれば、腫瘍と腎臓の一部を切除しする手術をします。転移や進行したがんの場合は、腎臓の摘出手術を行います。最近では、健康診断などで早期に発見される事が多くなっていて、初期の腎がん治癒率は90パーセント以上とされていますが、手術後十何年たってから再発する事もあります。定期的な健康診断での早期発見はとても重要な事と言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.