水腎症

症状がない場合もあり、健康診断などで偶然発見される事も少なくない病気です。原因のほとんどは別の病気がきっかけになっています。そんな水腎症とはどんな病気なのかご紹介します。

症状は?

尿の圧力で腎盂や腎杯が拡張して、腎臓の組織(腎実質)の委縮が起こっている状態の事をいいます。症状は、尿が突然出なくなり、背中からわき腹にかけて強い痛みがあります。徐々に腎臓の拡張が起こるときは、腰に軽い鈍痛や、症状がない場合もあります。腎臓が大きくなり、胃を圧迫して悪心や嘔吐などが現れる事もあります。子供は、腹部がふくらみ突然の腫れとして見つかる事もあります。背中やわき腹の痛みは、尿が突然流れなくなり、腎盂腎杯の圧力が急に上がり、腎臓の被膜を引き伸ばされる事で生じます。尿の停滞で尿路感染を起こし、一度感染すると抗生剤に反応しにくいため、膿腎症にかかってしまう事もあります。

原因は別にある

尿細管から腎盂や尿管、膀胱や尿道のどこかで尿の流れが閉鎖された状態を尿路閉塞症(にょうろへいそくしょう)と言い、それが水腎症の原因と言えます。尿路閉塞症は、先天性と後天性に分けられています。子供の場合は、先天性はほとんどで、中年以降の大人は後天性で発症する事が多いです。後天性の原因として、尿路内に閉塞を起こすものと、周囲の病気が尿路に及んだりして閉塞を起こすものがあります。腎結石や尿路結石、尿路のがんや感染、損傷などで尿路の狭窄が起こります。大腸がんや直腸がん、子宮がんなどが尿路へ転移したり、排尿神経の障害になって神経因膀胱炎なって水腎症を発症する場合があります。

治療法

原因と程度によって治療方法は変わります。腎実質がある程度あって、閉塞を取り除けば腎臓の機能が回復されると判断されれば、腎臓は出来る限り残すようにします。原因となった病気を治療して、溜まっていた尿が流れるようになると、腎臓の機能は回復します。一時的に腎盂に管を挿入し、尿を排出して腎臓の機能を回復させてから、原因となる病気の治療をすることもあります。腎臓の機能の回復が望めないときは、もう片方の腎臓の機能を確認し、水腎症になった腎臓を摘出する事もあります。病気に気づいたら、泌尿器内科を受診し原因は何の病気なのか調べる事が大切です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.