遊走腎

生まれつきや筋力の低下、痩せすぎみなどで起こすこの病気は特に治療法はなく、筋力アップやコルセットなどで改善するしかないようです。どんな病気なのかご紹介しましょう。

症状は?

寝た状態での腎臓の高さが約10センチ以上腎臓の高さが下垂する状態を言います。腹痛やわき腹の痛み、腰痛が現れる事が多く、ほとんどは鈍痛で、歩行や重い荷物などを持った時に症状が悪化します。血尿も多く見られる症状ですが、ほとんどが通常は目に見えなく顕微鏡で確認するほどの血尿です。肉眼でも確認できるときはありますが、貧血を生じるほどではありません。また、立っている姿勢で背中を反る体制をとった時に、微量の尿たんぱくが現れる事があります。残尿感や頻尿が現れる場合がありますが、遊走腎の特徴的な症状ではありません。食欲不振や吐き気、下痢や便秘、膨満感などが現れる事があります。

原因は?

健康な人でも腎臓は、立っていると寝ている時より4センチから5センチさがります。遊走腎は立った時に動きをこらえて下がる状態で、原因は先天性と後天性があります。先天性は、生まれつき腎臓を支えている周囲の組織が弱かったり、腎臓への血管が長かったりするために発症します。後天性は、腹筋の低下や、腎周囲の脂肪組織の低下などがあげられます。立っている時に肝臓などの重量に腎臓に負荷がかかる為、右より左の腎の方が比較的下垂しやすくなっています。やせた女性にも多く見られ、他の内臓下垂などをともなう事も少なくありません。

治療法は?

寝た姿勢と立った姿勢でわき腹に触れ、腎臓の位置を確かめます。立った姿勢で、エックス線写真などの検査をします。症状がない場合は経過を観察します。症状がある場合でも、原則的に保存的治療をします。痩せている人は、腎周囲の脂肪を増加させるために、体重を増加させます。腹筋や背筋を強化させるために、運動療法を行ったり、コルセットなどを使用する場合もあります。血尿などの症状が強い場合は、手術をして腎臓を固定させる場合もありますが、固定しても下垂は残るので、完全に自覚症状は治まりません。また、再発する場合もあるので、固定の手術はほとんど行われません。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.