腎膿瘍

あまり聞きなれないこの病気の原因は、扁桃腺や化膿疾患など、身近な所にありました。感染が激しく、腎臓が化膿した場合は腎臓を取らなければならない事も・・・。どんな病気でなのでしょうか?ここでご紹介します。

症状とは

腎臓の組織で外側の皮質に細菌が感染して膿のかたまりができる病気です。できる場所によって、腎皮質膿瘍(じんひしつのうよう)と腎髄質膿瘍(しんずいしつのうよう)と大きく2種類に分かれます。小さな膿のかたまりがたくさんできる場合や、大きいのが一つの場合もあります。覆ってる膜を破り、外の組織にも感染する事を、腎周囲膿瘍と言います。寒気や震えを伴い高熱や、体重減少やけん怠感、わき腹に痛みが現れ、叩くと痛みが強くなります。頻尿などの感染症が現れる事もあります。症状が現れたら、消化器内科を受診し、識別検査を受ける必要があります。

原因は?

腎皮質膿瘍(じんひしつのうよう)は口や皮膚などの腎臓以外で化膿しているところから細菌が血液に乗って感染します。動脈内への薬物の乱用や、血液透析や糖尿病などで感染し、一般的に菌はブドウ球菌が多く見られます。腎髄質膿瘍(じんすいしつのうよう)は、尿路感染から発症します。尿路結石や膀胱尿管、逆流現象などの基礎疾患を持つ方や、糖尿病の方に発症しやすい病気です。菌はグラム陰性球菌が多く見られます。腎臓の抵抗力が落ちている場合や、細菌の毒力が強力な場合に血液に乗って細菌が運ばれます。敗血症を起こしている場合は腎臓の摘出手術をしなければならないので、注意が必要です。

治療法は?

押すと痛みのある腫大した腎臓がわき腹に触れる事が確認できます。感染のもとになる細菌は、扁桃腺や化膿疾患などから来る事が多いので、どこから感染しているか調べます。血液検査では、炎症を示す結果が現れ、超音波検査やCTスキャンの検査で大きさや部位を確認します。基本的に治療は薬剤の投与で行います。膿瘍の直径が3センチ以下と膿瘍が小さい場合は、強い抗菌薬を使った化学療法で治す事ができます。5cmを超えると超音波などで処置します。感染が激しい場合などは、感染している部位の腎臓を摘出手術などを行わなければなりません。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.