腎梗塞

急激に腹痛や嘔吐などが現れる場合もありますが、症状がない場合もあります。血栓が血流に乗って腎動脈を塞いでしまい、腎臓を壊死させてしまう病気とはどんな病気などなのでしょうか?

症状は?

心臓病などで作られた血栓が、血流に乗って腎臓に運ばれ、動脈がつまってしまい、そこから先の腎臓の組織が壊死する病気です。壊死した部分が古くなると、硬くひきつれたような状態になります。大きな梗塞の場合は、急激な側腹部痛と悪感、発熱や嘔吐などが現れ、血尿や尿量の低下なども現れます。しかし、小さな梗塞は、症状がない場合も少なくありません。発作により、血圧が上昇する事もあります。腎動脈の太い血管が急性に閉塞して、突然激しい症状が現れる事もあれば、小さな血管が閉塞する腎梗塞や多発性腎梗塞などを起こして、症状がない場合もあるのです。

原因とは

原因のほとんどが、心房細動などの不整脈や心臓弁膜症、心内膜炎や心臓手術などで生じた血栓が腎動脈に詰まる塞栓症(そくせんしょう)の場合です。大動脈の壁に亀裂が入る大動脈解離など代償や突然腎血流が途絶える事で起こる場合もあります。また、血管内カテーテル検査などで、コレステロール結晶が動脈硬化の血管壁からはがれて塞栓症になる場合もあります。大量の空気が血管内に入る空気塞栓や、太い骨を骨折した際に、脂肪組織が血管内に混ざってしまう腫瘍塞栓、腹部を強打した時などに、腎動脈が傷ついてしまう場合などもあります。

早期発見が大切

血液や尿の検査、エコーやCTなどで確認し、腎梗塞が確認されたら、心疾患がないか確認する検査を行います。診断がつき次第入院が必要になります。発症から数時間の場合は、静脈もしくは腎動脈から血栓溶解薬や抗凝固薬を投与します。発症後長時間経過している場合は、血栓溶解薬が効かない場合があるので、鎮痛剤などを投与して経過を観察します。腎不全を起こしている場合は血液透析を行います。また、心臓の疾患などが見つかった場合は、そちらの処置も並行して行われます。閉塞症の場合は、発症から診断までが早ければ早いほど早い回復が望まれるため、症状が現れたら早めに受診する事が重要です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.