子宮体がん

この病気は発症の年齢層が比較的高く、50代から60代に最も多く発症しています。不正性器出血があったら要注意。そんな子宮体がんとはどんな病気なのかここでご紹介します。

症状は?

子宮体部の粘膜から発生するがんの事を言います。ほとんどは、月経以外の出血がみられます。がんの病巣からの出血を不順な月経と誤解することも多いので注意が必要です。水っぽいおりものや血液の混ざったおりもの、下腹部の痛みなどが現れる事もあります。子宮内膜に発生したがんは、子宮の筋肉に浸潤します。子宮頸部や卵管、卵巣に及んだり、骨盤やリンパ節に転移したりします。腹膜や腸、肺や肝臓などにも転移します。日本では、増加傾向にあるがんで、全子宮がんの30パーセントが子宮体がんと言われています。50代から60代に最も多く発症ていますが、5パーセントは40歳未満で発見されます。

原因は?

卵巣から分泌されるエストロゲンによる子宮内膜の刺激作用が関係していると言われています。排卵の障害などのために、子宮内膜がエストロゲンに刺激され続けると、子宮内膜が過剰に増殖し、子宮体がんの発生の原因になります。肥満や未産、53歳以上の遅い閉経などが危険因子とされています。糖尿病や高血圧症も危険因子とされています。乳がんや大腸がんの経験がある人は、子宮体がんの危険性が普通より高くなり、逆に子宮体がんの経験のある人は乳がんや大腸がんの危険性が高いと言われています。経口避妊薬を使用していると、子宮体がんの発生率は下がります。

早期発見が大切!

不正性器出血がある場合は、妊娠が無いかを確認します。超音波検査などで確認し、組織検査を行います。治療は原則として、開腹検査を行い、子宮の全摘出手術を卵巣と卵管の切除を行います。進行度に応じてリンパ節などの一部あるいは全てを取り除く手術をします。子宮外にがんが進行していた場合などは、手術の後に放射線療法や化学療法などを行います。若年の女性でごく早期の子宮体がんには、妊娠の可能性を残すことを目的として、ホルモン療法が行われる事もあります。不正性器出血が見られた時には、受診する事が重要です。月経不順も原因となる場合があるので、ホルモン剤で月経を定期的に起こすようにすることも必要な事です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.