子宮筋腫

婦人科の腫瘍の中では最も多い病気で、30歳以上の20パーセントから30パーセントの発症していると言われ、小さなものを含めると過半数の女性にあると言われているこの病気はどんな病気なのかご紹介します。

症状は?

子宮筋内に女性ホルモンの働きによってできるする良性の腫瘍です。筋腫ができる部位によって3つに分類され、内側に向かってできたものを粘膜下筋腫、筋層の中にできたものを筋層内筋腫、外側に向かってできたものをしょう膜下筋腫と言います。粘膜下筋腫や大きな筋層内筋腫は、子宮内膜が薄くなりうっ血や壊死、潰瘍などができて月経の量が増えます。そのため貧血になることがあり、貧血の症状で筋腫が発見される事も多く見られます。月経時に下腹部痛や腰痛を起こす事があり、筋腫が膣の中までさがり、不正出血が続く事もあります。筋腫が巨大になると、神経を圧迫して腰痛や排尿障害などを起こす事があります。

原因不明

原因は不明な点が多いと言われていますが、子宮は女性ホルモンの影響を受け、思春期から大きくなり閉経から老年期にかけて小さくなっていきます。そのため、筋腫もホルモンの影響を受け大きさが変わります。子宮平滑筋細胞(しきゅうへいかつきんさいぼう)がさまざまな影響を受け筋腫の根になる細胞を発生して、思春期から増えてくるホルモンに反応して子宮筋腫になっていくのではないかと言われています。初経が来る前には子宮筋腫は見られず、そして閉経後の筋腫の発生はなく、すでにあった筋腫も小さくなっていきます。原因は不明でも、女性ホルモンが大きく関係していると言えます。

治療方法は

筋腫があるだけでは、治療の対象にはなりません。筋腫が大きい場合や貧血や痛みを伴う場合、不妊症の場合などに治療を行います。治療法は、手術と薬物療法と二種類あります。子宮を全摘出する治療が一般的で、開腹手術か膣から摘出する膣式手術があります。薬物療法は薬物で女性ホルモンを抑える事で、閉経時と同じ状態にしてしまうのです。しかし、問題点もあり、筋腫の縮小はあっても消失する事はない事や、薬を中止して月経が戻ると再発する可能性かある事、女性ホルモンの低下によって、更年期障害やなどの副作用があることから、最長6ヶ月しか治療ができず、治療費も決して安くない事です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.