慢性膀胱炎

ほとんどが細菌の感染ですが、急性膀胱炎に比べて症状は軽く、他の病気が原因になっている事も多い病気です。その原因となる病気を治さないと治らない病気とはどんな病気なのかご紹介します。

症状は?

膀胱の炎症が継続して起こる事を言います。下腹部の不快感や頻尿、排泄痛や残尿感、下腹部痛や血尿など、急性膀胱炎と症状はだいたい同じです。それが続いたり繰り返したりします。しかし、急性膀胱炎のように症状がはっきりしておらず、排尿後にすっきりしない感じや違和感、尿の濁りがあるだけで、ほとんど症状が無い場合の方が多いです。何らかの原因となる病気があり、それが原因で発症します。初めから慢性膀胱炎の場合と、急性膀胱炎から慢性膀胱炎になってします事もあります。症状は軽いのに、治療に時間がかかるのも特徴的です。

原因は?

何らかの病気が原因となり、細菌が膀胱内に進入し増殖し、膀胱の粘膜に炎症を起こします。原因となる病気は、前立腺肥大や尿路結石、膀胱結石や糖尿病、腫瘍などがあります。病気が膀胱結石である場合は、結石に細菌がいるために細菌の増殖や感染が長引きます。感染以外の原因は、放射線性膀胱炎と言い、がんの放射線治療後に起こる場合もあります。原因不明な間質性(かんしつせい)膀胱炎というものもあります。何らかの病気の治療中で、尿道カテーテルなどがある場合は、特に起こりやすくなります。尿検査で尿路感染症が確認できる場合もあるので、尿検査を受けるように心掛ける事が大切です。

治療方法は

原因となる病気がある可能性があるので、精密検査が必要になります。急性膀胱炎と違い治療は長期的になり、細菌性の場合は、抗生物質などを服用します。原因となる病気がある場合は、そちらの治療を行わないと慢性膀胱炎の治療にはなりません。何度も繰り返す場合や薬が効かない場合、血尿や発熱がある場合などは原因となる病気が無いか検査する必要があります。急性膀胱炎を発症した人が何度も繰り返し発症して、慢性膀胱炎を疑う場合がありますが、それは、急性膀胱炎を繰り返し発症しているだけの場合もあるので、その都度しっかり治療し治す事が大切な事と言えます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.