急性膀胱炎

特に女性に多いと言われているこの病気は、男性でも発症します。女性の場合は単純に細菌の感染が原因の事が多いですが、男性の場合は大きな病気が隠れているかもしれない病気。急性膀胱炎についてご紹介します。

症状とは?

一般的に言う膀胱炎の事を言います。細菌が膀胱に進入して増殖して炎症を起こします。症状として、突然の頻尿や排泄時の痛み、特に排尿が終わるときに強い痛みを感じます。尿の濁りが現れたり残尿感や下腹部痛、尿失禁や血尿をともなう事があります。血尿は、尿が赤く見えるものから、紙にピンク色のにじみがつく程度の場合があります。普通は発熱はなく、高熱やなどが現れた場合は、腎臓にまで炎症を起こしている場合があり、男性では前立腺炎を合併している場合があります。間隔をおい繰り返し発症する人は、原因が見つからない場合もあります。きっかけを探し出し、それを避けるようにする事が大切です。

原因とは

細菌の感染とそうでないものに分かれますが、ほとんどが細菌による感染です。無理に排尿を我慢したり、冷えや便秘、性交などに誘発され細菌が膀胱内で増殖し炎症を起こします。女性は尿道が短いため細菌が尿道に進入しやすく、男性は発症しにくいので細菌の侵入ではなく前立腺炎などの他の原因を考え精密検査を受けましょう。原因となる細菌は、大腸菌が最も多く、ほかにブドウ球菌や腸球菌などがあります。急性出血性膀胱炎は、子供に発症する膀胱炎で、細菌ではなくアデノウイルスが関係していると考えられます。アレルギー性膀胱炎は、ぜんそくの治療薬などを使用すると膀胱炎の症状などが現れる事があります。

治療方法は?

症状と尿検査で判断します。尿を顕微鏡で確認し、多数の白血球と細菌が観察されれば炎症がある事が確認できます。軽い症状であれば、多量に水を飲み尿量を増やす事で自然に治る事もあります。重い症状の場合は、抗菌薬を服用します。通常は2日〜3日の服用で治ります。これで症状がなくなれば単純性な膀胱炎で心配ありませんが、完治の確認のために尿検査を受けると良いと言えます。特に男性は他の病気が隠れている事があるので、原因を確認する事は大切なことです。普通の膀胱炎は再発する事はまれで、発症を繰り返す場合には、膀胱がんなど重大な病気が隠れている事もあるので、その原因を詳しく調べる事が重要です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.