トップ 胃・十二指腸潰瘍胃・十二指腸潰瘍ができる原因・メカニズム

胃・十二指腸潰瘍ができる原因・メカニズム

胃液は、酸性の消化液です。塩酸とほぼ同じだといわれています。そのような胃液が胃の中にあって、なぜ胃は大丈夫なのでしょうか。それは、胃液から粘膜を守るある物質があるのです。ここで、ご説明しましょう。

症状

胃粘膜の表面は、粘液というネバネバした液体で覆われています。強力な胃酸の攻撃は、この粘液によって守られています。しかし、何らかの原因で粘液の分泌が減り、そのうえ胃液が過剰に分泌されてしまうと、胃粘膜までもが消化されてしまうのです。暴飲暴食・ストレスなどにより、胃酸の分泌が増える事により、胃粘液と胃酸のバランスが崩れ、やがて胃粘膜は守りを失い胃酸から攻撃され続けてしまうのです。この胃粘膜が胃酸により消化され傷ついた状態が潰瘍の始まりです。また、ピロリ菌も粘液と胃液の分泌バランスを崩す原因とされています。

胃内のバランス

胃という臓器は、飲食物を胃酸により消化する消化器系の臓器です。胃酸が飲食物を消化し、体内への栄養補給ができるのです。しかし、胃酸は、塩酸にも匹敵するほどの強力な酸です。こんな恐ろしい液体があって、胃の粘膜は大丈夫なのでしょうか。それは、胃の表面である胃粘膜には、胃酸が分泌されても傷つかないように、粘液という物質で覆われているからなのです。強力な胃酸と、その消化酵素から守る粘液。それぞれのバランスが崩れた時、胃はどうなってしまうのでしょう。この時に、胃潰瘍が起こる可能性が高くなるのです。

十二指腸への影響

バランスが崩れ過剰になった胃酸は、抵抗力の弱い十二指腸を攻撃しはじめます。抗生物質などの刺激にも弱い十二指腸の粘膜には、やがて胃と同様に潰瘍をつくります。また、ピロリ菌の感染も十二指腸の粘膜を弱めるといわれています。胃から運ばれてきたピロリ菌は、十二指腸の粘膜にも炎症をおこし潰瘍へと進行していきます。油分のの多い食事も胃酸の分泌を過剰にし、十二指腸へも影響が及びます。また、日本人には胃潰瘍が多く、欧米人には十二指腸潰瘍が多いといわてれきましたが、食の欧米化により、この現象が逆転しています。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.