トップ 胃・十二指腸潰瘍胃・十二指腸潰瘍による吐血や下血

胃・十二指腸潰瘍による吐血や下血

胃・十二指腸潰瘍の出血には、その色に特徴があります。通常、人がイメージする出血の色は、鮮やかな赤をイメージする事が多いのですが、胃・十二指腸潰瘍は、ドス黒い出血です。その違いをご説明します。

吐血したら・・・

吐血は、鮮やかな真っ赤な血を吐く場合と、ドス黒い血を吐く場合があります。真っ赤な血を吐く場合は、胃の粘膜から出血してまだ間もない場合で、ドス黒い血は出血した血液が時間の経過とともに胃液と化学反応をおこし、変色した状態で吐血した場合。吐血は、胃・十二指腸で消化管で重大なことが起こっているシグナルです。放置したり、自分勝手に病名を考えるなどせず、消化器専門の医療機関で検査・処置をしてもらわなければなりません。放置しておくと、大量出血を招きショック状態を起こすことになります。

下血の状態

胃・十二指腸による出血は、吐血だけではありません。小腸や大腸を通り、便に混じって出血することもあります。それが下血です。この時の便の色は、黒っぽく、まるで黒いタールのような便です。それは、血液が胃液と化学反応をおこし変色した状態の物が、小腸、大腸をとおって便として排出されるからです。しかし、大量に出血した場合は、短時間で小腸、大腸をとおって排泄されます。胃液との化学反応をする間もなく下血するので、便の色・硬さ、黒いタール状の便ではなく、鮮やかな赤色で、タール状ではなく、まるで尿のような液体として排出されます。

少しの変化にも注意

胃・十二指腸潰瘍により、吐血・下血すると、大抵の人は、驚きます。胸がムカムカしてきたと、思ったその瞬間に、まるで噴水のように吐血する人もいるようです。トイレで用をたして振り返ったその瞬間、便器には得たいのしれない物体が。時には、血液が便器にくっついている。女性なら、経血という出血があるので、多少の覚悟は出来ているかもしれませんが男性ならどうでしょう。経験したことのない、この状況に意識を失う男性もあるそうです。大量の出血は、貧血状態になります。冷や汗をかき、やがて血圧の急降下とともに、脈が弱く早くなり、意識を失ってしまう場合もあります。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.