トップ 胃がん胃がんの原因

胃がんの原因

もともと「がん」はどのような状態にあったのか、どのように変化していくのか、どのようになった状態のことを一般的に「がん」と呼ばれるのかを解説していきます。また発生する原因の主な要素もご紹介していきます。

発生するしくみ

がんの細胞は、通常は良い細胞として存在しているのですが、遺伝子に突然変異がおき、死滅するはずの細胞が死滅しないで増殖をくり返すようになってしまう、正常でなくなった細胞が「がん」と呼ばれているものです。がんは、体のいろいろなところに増えていき、栄養分を吸収して増殖するという性質があります。これを「転移」といいます。突然変異の原因は、正常な細胞の遺伝子が傷つけられることによっておこります。傷ついた遺伝子は細胞の働きで、修復したり、死滅させたりしていますが、この細胞に異常が起こってしまうと、増殖を抑えることができない状態になってしまいます。

発生率が高くなる要因

いろいろなリスクが重なって胃がんは発生すると考えらます。おもな要因としては「食生活」「喫煙」「ピロリ菌」「自身がもっている要因」があげられます。「食生活」では塩分のとりすぎ、食品添加物をとる、野菜や果物の不足があげられます。「喫煙」タバコの煙には、遺伝子を傷つけたり、発ガン物質が含まれています。「ピロリ菌」 がアンモニアなどの毒素をだして、胃に炎症を生じさせます。「自身がもっている要因」では、遺伝、年齢、その他食生活や喫煙をしてる人は確率的に高くなります。

早めの受診を

日本人は、もっとも多く胃がんになりやすいとされています。 胃がんになる原因にはいくつかの要因があげられていますが、決定的な原因となるものは、まだありません。複数の指摘される要因(喫煙、食生活、ピロリ菌の持続的な感染など)が重なり、胃がんが発症すると言われていますが、胃の粘膜を荒らす要因が長期間続くと発症する確率があがると考えられています。どのような原因的要素があっても、胃がんは痛みや出血があるため、不快感や違和感を感じたら早急に専門医にみてもらいましょう。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.