トップ 胃がんダンピング症候群 -胃がん手術後の影響

ダンピング症候群 -胃がん手術後の影響

胃がんの手術では精神的なダメージが多く、術後なんとなく違和感がついてまわります。ダンピング症候群は、胃がんの手術後の影響が原因で発症します。そんな病気について、ここでご紹介します。

症状は?

胃切除後症候群のことで、胃切除術を受けた15%から30%の人に見られ、早期ダンピング症候群後期ダンピング症候群に分類されます。

早期ダンピング症候群の症状は、冷や汗や動機、めまいや顔面紅潮、全身倦怠感や脱力感、全身感熱などが現れます。腹痛や下痢、悪心や嘔吐など腹部の症状が現れる場合もありますが、横になると治ります。

後期ダンピング症候群の症状は、食後2〜3時間後の頭痛やけん怠感、発汗やめまい、呼吸の乱れなどが現れ、多くは早期ダンピング症候群に引き続いて起こる症状です。低血糖が大きな原因で起こるので、後発性低血糖症候群とも呼ばれています。

原因は?

早期ダンピング症候群の原因は、胃の排出調節機能が破綻していることが原因で起こります。一方後期ダンピング症候群の原因は、胃の内容物の急激な排出によって、腸管からの炭水化物の吸収が増え高血糖になります。そこでインスリンが過剰に分泌され逆に低血糖になります。

ダンピング症候群は、食べ物が急速に小腸に送られることに加えて、リンパ節の喪失による腹水の循環不全などがあると食後の症状は増大します。また、精神的な原因も重要で、食べると苦しいと身構えてそれがストレスとなって悪循環を起こす場合もあります。

治療方法は?

食事療法を主体とし、必要に応じて薬を服用しますが、まれに再手術を行う場合もあります。早期ダンピング症候群の治療方法は、食事療法は低糖質で高たんぱく、適度な脂肪の食事を1日5〜6回に分けて少量ずつ摂ります。冷たいの飲み物は避け、食後20分から30分は横になります。
それで改善されない場合は、薬物療法が行われます。特効薬はないので、症状に合わせた薬を服用します。

後期ダンピング症候群の治療方法は、1回の食事の量を少なくゆっくり時間をかけて食べます。症状が現れた時は、飴など少量の糖分を摂取すると治ることが多く、薬の服用はほとんどありません。しかし、十分なコントロールが必要です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.