トップ 胃がん胃がんの免疫療法

胃がんの免疫療法

まだ新しい免疫療法は、副作用も少なく体に優しい治療法です。全身に広がった微小ながん細胞も攻撃することができ、手術で取りきれなかったがんや再発した時などにとても有効的です。免疫療法とはどんな治療法なのかここでご紹介します。

特徴は?

免疫療法とは、人間にもともと備わっている異常な細胞を監視や排除するという機能を活用した治療法です。免疫細胞を作る物質のサイトカインやワクチンなどにより免疫力を高めて、がんを破壊させるという新しい治療法なのです。

免疫力ががんの増殖する力を上回るように、患者さん自身の免疫細胞を体外で培養、増殖して体内に戻すという方法になります。免疫療法には免疫細胞の種類から、樹状細胞ワクチン療法を始めいくつかの治療法があり、患者さんのがん細胞の特徴や症状などに合わせて治療法が選択されます。

どんな治療?

免疫療法には種類があり、細胞免疫療法やワクチン療法、サイトカイン療法などがあります。患者さんのがんの種類などによって療法は選択されます。

免疫療法は、大きくなったがんを急速に小さくさせるという即効性はありませんが、全身にちらばった小さながん細胞への攻撃は得意とされています。そして、抗がん剤療法との併用も大きな効果が期待できると言われ、一般にがんが大きくなればがんに抵抗する免疫は弱くなります。

抗がん剤でがんを小さくしてから免疫療法を行うことは、効果を最大限に高めるうえでとても有効な方法です。抗がん剤の中には、免疫力を低下させてしまうものもあるので、このような時に併用することは免疫療法の効果を増大させることと言えるでしょう。

副作用は?

もともと患者さんの体内化にある免疫細胞を使用することから、副作用が少なく体にやさしい治療法と言われていますが、発熱などが現れる場合もあります。

化学療法と同じように体中に散らばった小さながんにも攻撃することが出来るので、手術後の補助治療法として効果的で、再発予防にもつながるとでしょう。 全身の免疫力も高めることが出来るので、他の治療の効果を損なわず治療全体の効果を上げることができます。

胃がんの治療には手術が必要とされていますが、手術では取りきれなかった場合や再発してしまった場合などに有効的です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.