トップ 胃がん胃がんの転移について

胃がんの転移について

初期の胃がんは、転移はしにくいと言われています。しかしそれは初期の段階であって、進行すればさまざまな所へ転移します。その転移とはなぜ起こるのか、どのようなものなのかをご紹介します。

特徴は?

胃がんには3つの転移があります。1つ目はリンパ行性転移と言われ、がん細胞がリンパ管に入り込んでしまい、リンパ管に転移してしまいます。2つ目は、血行性転移と言われ、がん細胞が血管に入り込んでしまい、肝臓や肺などに転移してしまいます。3つ目は、腹膜播種性転移と言われ、がん細胞が胃の一番外側の膜を破り、腹膜中に広がってしまう状態。転移したがんはそこで大きくなり、肝機能が低下したり腹水が溜まったりするなどの症状を引き起こしてしまいます。これを転移再発と呼び、これらの転移が起こってしまうと、手術のみでの治療では完治は不可能になってしまうでしょう。

転移の理由?

胃がんの主な転移先は、肝臓や肺、腹膜転移や骨、脳などが主な転移先になります。がん細胞が血液やリンパ液に流れ運ばれて増殖していき、胃から離れた肝臓や肺、骨や脳に転移します。がんは、発生した部位から離れたところに飛び火し、そこで新しい病巣を作り増殖します。胃がんの転移は、ほとんどが腹部に集中していますが、リンパ節転移は最も起こりやすく、早期の段階から転移しやすと言われています。リンパ液は免疫機能のため、口から入った細菌の広がりを防ぎます。そのため、胃の周りにはリンパ節がたくさんあり、転移しやすいとされています。

治療方法は?

胃がんは、早期のものでもリンパ節に転移している事が多くあります。その場合は、胃の近くのリンパ節の転移にとどまっている事も多く、手術によって治癒できる可能性があります。血行性転移の場合は肝への転移が最も多く見られ、CT検査などで確認。他の臓器への転移の可能性がある場合は、他の検査で全身に転移かないか調べます。血行性転移の場合は、手術では体中にあるがんを全て取り除くのは難しいため、原則として抗がん剤治療を行います。腹膜への転移の場合は、ほとんどの手術で全てのがんを取る事は難しくなり、やはり原則として抗がん剤治療を行います。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.