クローン病

近年増加傾向にあり、20代に最も多く発症します。潰瘍性大腸炎によく似ている病気で、食事の欧米化も原因の一つに考えられているこの病気は、どんな病気なのかご紹介しましょう。

どんな病気?

大腸や小腸などに炎症を起こし、びらんや潰瘍などを起こす慢性の病気です。症状は、下痢や腹痛、発熱や体重減少などがよく現れます。血便が多少あるようですが、下痢や下血が軽度の場合は判断がつかない事があります。口腔粘膜に小さい潰瘍や、痔などの肛門疾患を合併する事があります。関節炎や結節性紅班などの皮膚の症状、ぶどう膜炎などの目の症状を合併する事があります。20代に多く発症しますが、他の年代でも発症し、欧米に多く見られますが、日本では比較的少ない病気です。しかし、近年では増加傾向にあります。潰瘍性大腸炎に似ている点が多く、まとめて炎症性腸疾患と呼ばれています。

原因不明

原因ははっきりしておらず、色々な説があります。細菌やウイルス感染で発症する説、食事などで何らかの成分が粘膜に異常な反応を引き起こすという説などありますが、まだはっきりした事はわかっていません。最近では、遺伝的なもので、腸管での免疫が異常な反応が明らかになっています。食生活の欧米化によって、食事の成分や微生物が原因となって異常反応を引き起こしている事が、原因の一つと考えられます。感染や直接的な遺伝はありません。クローン病にを発症しやすい体質はあり得ると言われており、患者を持つ家族は同じ食事をしている事が多いため、注意が必要と言えます。

食事制限が必要

病変があるう場所によって小腸型、大腸型、小腸大腸型に分類されます。大腸の内視鏡検査などで検査を行い、血液検査では炎症反応や貧血、栄養状態を確認します。薬物療法として、アミノサリチル酸製剤とステロイド薬を使用します。食生活も原因のひとつと考えられているので、栄養療法も行います。重症の場合は絶食をし、栄養を点滴で摂る場合もあります。少しの改善が見られたら、脂肪やたんぱく質を含まない流動食を開始します。炎症が改善して普通食が食べれるようになっても、脂肪の取り過ぎや食物繊維の多い食事は避けなければなりません。長期にわたって慢性化する病気なので、治療は中断しないで最後まで行う事が大切です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.