虚血性大腸炎

激しい腹痛と下血を起こすこの病気は高齢者に良く見られますが、時に若い女性にも見られます。その原因は、便秘が関係しているようです。ひどい便秘で悩む女性に注意が必要なこの病気についてご紹介します。

症状は?

大腸への血流が悪くなり、大腸粘膜に炎症や潰瘍を起こす病気です。高齢者に多く見られますが、便秘のひどい若い女性にも時々見られます。突然の下痢や下血を起こし、右下腹部の腹痛が起こります。下血は新鮮血が見られ、悪心や嘔吐、発熱がある場合もあります。症状が現れ直前に便秘をしている事が多く見られます。血管と腸管とそれぞれ問題が絡み合って起こす病気と考えられ、血管には動脈硬化や血栓などが考えられます。腸管は、慢性的な便秘や浣腸などでの腸管内圧の上昇が考えられます。発症する場所は大腸の左側よく発症すると言われています。

動脈硬化

大腸に栄養を送る血管の血流が不足し、腸管に粘膜のむくみや出血、潰瘍などが現れます。血流が減少する原因は、動脈硬化があるところに、便秘などで腸管内圧の上昇が加わって起こると考えられています。高齢者や膠原病(こうげんびょう)、血管炎などの基礎疾患を持つ場合に多く見られています。また、高血圧や糖尿病、高脂血症など動脈硬化の危険因子を持っている人は危険性が高く、便秘も原因の一つです。便秘になると硬い便を押しだそうとして、大腸の圧力が高まります。すると腸管内のの血管が細くなり血流が減少します。その結果、腸管の組織が酸素不足になり壊死する事があります。高齢者以外にも、便秘しやすい若い女性も注意が必要です。

治療法は?

症状から判断し、内視鏡検査を行います。多くの場合は、発赤や出血などが確認されます。治療は安静して、絶食と輸血、抗生物質の投与を行います。腹痛には鎮静剤などを投与し、症状が改善され次第食事を開始します。重症度から3つに分類され、短期間のうちに軽快し後遺症も残らない一過性型と、腹痛や下痢が続き、大腸に狭窄(きょうさく)が残る狭窄型、激しい腹痛から急速に悪化し、敗血症やショック状態を起こし、死に至る場合もある壊死型に分かれます。狭窄型の重度の場合は、手術が必要になる場合もあり、壊死型も壊死した大腸を切除する手術が必要です。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.