虫垂炎

虫垂炎はきちんと治療すれば、予後はとてもよく回復できます。しかし、きちんと治療しなしで放置してしまうと、腹膜炎などを起こし命の危険にさらされる事もある病気についてご紹介します。

激しい激痛

虫垂に化膿性の炎症が起こる病気です。腹痛や食欲不振、発熱や吐き気、嘔吐などが起こります。上腹部やへそまわりが突然痛み出します。そして、発熱や吐き気、嘔吐などが起こります。数時間すると吐き気は止まり、24時間以内に痛みが右下腹部に移動します。この部分を押して離した時に痛みが激しくなります。この症状は典型的ですが多くなく、半数程度と言われています。発熱は37℃から38℃の微熱で、39℃以上の場合は、腹膜炎などを発症している事があります。虫垂は盲腸の先に突き出た突起物で、太さは鉛筆程度のものです。一般的に虫垂炎は盲腸という名で知られていますが、これは昔、発見が遅れ炎症が盲腸まで広がったケースが多かったためです。

原因不明

原因はまだよくわかっていませんが、糞便や異物、まれに腫瘍などで虫垂の先端部分がふさがったり、狭くなったりする事がきっかけになっていると言われています。虫垂の圧が上昇し血行不良が起こり、細菌が侵入して感染し、急激な炎症を起こしていると考えられています。炎症の程度により、粘膜層の軽い炎症(カタル性)、全層の化膿性炎症(ほうか織炎)、虫垂壁全層の壊死(壊疽性)に分類されます。多くは軽い状態から始まり、炎症が進むにつれて進展します。外科的手術を必要とする病気の中で最も頻度の高いものが虫垂炎です。15人に1人が一生に一度かかると言われています。発症は10代から20代に多く、子供や高齢者でもみられ、男女差はありません。

治療方法は?

触診を軸に採血、エックス線撮影や超音波などの検査をし判断します。進行の軽いカタル性のものについては手術をせず、薬剤で炎症を緩和させ、抗生物質と内科的治療で治します。この場合は10パーセントから20パーセントの割合で再発します。それ以外の場合は手術を行います。虫垂が1センチ以上に大きく腫瘍などがある場合は、緊急手術が必要です。早期に手術を行った場合、死亡率は1パーセント未満と低く、1週間程度の入院ですみます。手術方法も開腹手術と腹腔鏡手術があり、腹腔鏡による手術はおなかに小さな穴を開けるだけなので、傷も小さく入院期間も2〜3日ですみます。


INDEX

主な胃腸の病気

Copyright(c) 胃や十二指腸の痛みや違和感、心配事を調べる All rights reserved.